スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

薩摩なた豆爽風茶の原材料、薩摩くず草

年の離れたいとこは何かと私の相談に乗ってくれる頼もしい相手です。
先日も仕事の人間関係の悩む私を外食に連れて行ってくれました。
外食で訪れたのはオーガニックレストランで、私はオーガニック料理は初めてだったのですが、野菜を中心としたヘルシーな料理で美味しかったです。
サラダも普段は見たことのないような色の物があり驚きました。
ドレッシングは三種類あったのですが、どれも油が控えめで野菜のエキスで作った本格的なものばかりです。
ニンジンのドレッシングを選んだのですが、甘みもあって美味しかったのでたくさんの野菜を食べる事が出来ました。
料理をいただきながらいとこにいろいろなアドバイスをもらったことで元気が出て「明日から仕事を頑張ろう」と思えるようになりました。
性格的にネガティブなところもあり、ほかの人が気にしないような言動が気になってしまうところもあります。
なるべく気にしないようにはしていたものの、ストレスは大いに溜まっていたようで誰かに吐き出すことで気持ちがすっきりしました。
おおらかないとこの発言を聞いて、小さなことで悩んでいたのが馬鹿らしくなるほどでした。
美味しい食事と頼もしい相談相手の存在が私の明日への活力を促してくれたのです。
それと気になっている薩摩なた豆爽風茶ですが、原材料の薩摩くず草は、秋の七草にも入っているマメ科の植物です。
根を粉にして作った粉は葛切りなどを作る時の材料に使われていて、風邪を引いた時に飲む葛根湯にも入っています。
薩摩なた豆爽風茶

 

JUGEMテーマ:日記+情報

スポンサーサイト

コメント